原因不明の不調" />

妊活コラム

「自律神経と女性ホルモン」

自律神経も、女性が健康でいるため、また、妊娠するためには、とても大事なものです。
自律神経は、内臓器官の消化運動やホルモン 分泌のように自分の意志に関係なく働きます。
暑いと汗をかく。食べると唾液をだす。
熱を出すと下げようとする。
つまり、私たちが生きていく上で、日常生活を送るために基本的な、しかし非常に大切な役割をしています。

そして、自律神経には、交感神経副交感神経があります。
交感神経は、いわば闘争の神経。
集中力を必要とした時に働きます。この時、身体は筋肉が緊張し、血管も収縮しています。
副交感神経は、休息の神経。
身体を休める時、食事、排泄などで働きます。この時の身体は、筋肉が弛緩し、血管も拡張します。

交感神経と副交感神経は、相反する作用があり、絶妙のバランスで、日常生活のオンオフの切り替えを行う神経なのです。

ただ、この神経も、強いストレスや不規則な生活で、すぐに乱れてしまうのです。
不眠症などは、交感神経が優位になった状態。
反対に、うつは、副交感神経が優位になった状態です。
自律神経がうまく働かないと、頭痛、肩こり、抑鬱、動悸、耳鳴り、不安感増大などなど、かなり広範囲に身体のあちこちに不調箇所がでます。
とってもとっても、大事な神経なんですね。

その自律神経の司令塔は、身体のどこなのか?
なんとここも、女性ホルモンと同じく、脳の視床下部なんです
視床下部さん、大忙しです。
そして、ホルモン分泌の指令を出すだけでなく、ホルモン量の情報を受け取り、フィードバックする機能もあるのです。
そのため、女性ホルモンの分泌が乱れると、自律神経もそれに影響されてバランスがくずれてしまうのです。

両者は、とても密接な関係なんですね。
どちらかが調子を崩すと、影響をうけてしまう。
そして、どちらも、ストレスに弱いのです。

女性が妊娠しやすいのは、副交感神経が優位な状態の時と言われています。
副交感神経を優位にする方法は、色々ありますが、私は、まずは、身体の緊張を取ってほしいと思います。

人の身体を触らせていただいて思うことは、ストレスがないように見える人でも、何かしらの緊張を、身体のどこかに抱えているということです。
身体の緊張は、今の情報過多な世界では、脳からきてる場合も、多いです。
脳の緊張が残ったままでは、睡眠をとっても、身体がゆるまることはないのです。

絶えず、どこかに緊張を抱えた方は、「癒しの整体」を、受けられることを、お勧めします。
ぜひ、脳から癒されてみてください。

 


<< 前へ

PAGE TOP

inserted by FC2 system