妊活コラム

「女性ホルモンについて」

女性ホルモンは、大きく2種類あります。エストロゲンとプロゲステロン
聞いた方も、多いのではないでしょうか。
妊娠にフォーカスして言うと、 エストロゲンは、卵を育て、妊娠に備え、子宮内膜を厚くするもの。 プロゲステロンは、受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働きをするためのもの。と、なります。
この2種類が、実にうまく働くことによって、女性は排卵し、生理がくる。または、妊娠するのです。
では、このホルモン、どはこから出ているのでしょう。
答えは、卵巣からです。
でも、卵巣に女性ホルモンを出しなさいって指令を出しているのは…。
「脳」なんです。
脳の視床下部から、やや下に位置する下垂体に連絡がいき、下垂体は性腺刺激ホルモンを出します。性腺刺激ホルモンは、黄体体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンという二つのホルモンがあり、これが卵巣に働きかけ、エストロゲンとプロゲステロンの二つの女性ホルモンを分泌させるのです。ちょっとややこしいですね。要するに、大元は視床下部なんです。

脳の視床下部は、いわば、身体全体の指令塔です。
体内を一定の良好な状態に保つための、様々な機能の中枢を担っています。
(具体的には血圧、血流、体温、体液、消化、吸収、排泄、性機能、代謝、摂食、飲水、日内リズムの制御、免疫などなどなど。)
しかし、その反面、ストレスや精神的変化を、真っ先に受けるところでもあるのです。ストレスを受けると、とたんに誤作動してしまうのです。

女性の場合、ストレスを感じると、ホルモンバランスが大きな影響を受け、月経周期の不順や性機能の障害を起こしやすくなるのです。
脳から、きてたんですね!
ストレスは、精神的なものだけでなく、肉体的な疲労。睡眠不足や過食などの生活習慣が原因のものもあります。
心当たりのある方は、いまいちど、生活習慣を見直してみてください。

そして、ストレスを取り除くには、身体からアプローチするのも有効です。
身体にもストレスを受けやすい身体というものがあるのです。
整体では、そこをほぐしていきます。
ストレスをなくして、妊娠しやすい身体を作りましょう。

 


<< 前へ

 

PAGE TOP

inserted by FC2 system